スズホーム

0120-887-904

BLOG

2018.07.25

モデルハウスのディスプレイ♪

こんにちは。
スズホームのコーディネーターの谷岡です。

 

毎日暑い日が続いていますね。
朝の出勤で駅から少し歩くだけでもフラフラするのに。。。
こんなに暑い中、クーラーもない現場で一生懸命作業をしてくださっている職人さんたちを思うと、本当に頭が上がりません。いつもありがとうございます!

 

そんな職人さんたちのおかげもあり、先日、弊社のモデルハウスが竣工したので、
雑貨のディスプレイをするためプチプラ雑貨のショップを巡ってお買い物してきました。
100均ショップへ行くと毎回思うのですが【最近の100均はクオリティが高い!!】

 

生活雑貨や小物は流行のデザインが多いし、ディスプレイに重要なフェイクグリーンも種類がたくさんあって、

堀江の雑貨屋さんで揃えたら10万くらいしそうな物が、お金をかけなくても何でも揃うので嬉しくなってきて、
ポンポンとカゴに入れているとすぐいっぱいに!あっという間に大きな袋5つくらいになっていて、
仕事の買い物をしているのに少しストレス発散にもなりました(笑)

★これが買ってきた雑貨達★

★写真①②

 

テーブルに並べたらテンションも上がります!!
さて、後は雑貨の組合せやアレンジするアイデア次第☆彡
ということで、今回は「100円商品をより良く見せる工夫」を少しご紹介しますね!

 

①グリーンをたくさん使う!
100円ショップの雑貨を置いても「何か物足りないなー」と思ったら、横にグリーンを1つ置くだけで「それなり」に見えちゃいます。フレーム、小物、照明…何とでも合わせられるので、小さめのグリーンがたくさんあるととっても便利ですよ。

★写真③

 

その時に私がよくやるのはフェイクグリーンの根元に園芸用の「砂や化粧石を乗せる」こと。
これは本物の観葉植物にも有効ですが、お部屋のイメージに合わせて石の色を選べるし、土を見せないことでグリーンが引き立って生き生きとして見えます。この「ひと手間」で100円商品の「安っぽさ」を減らして、より本物っぽくなりますよ!

★写真④

 

そしてもう1つは「¥200で出来ちゃうコスパ」が魅力な手法(笑) 
必要なものは丸いグリーンと容器のたった2つ。何も考えず「ポンッ!」と置くだけで、完成です~♪
雑貨屋さんで見かけて「なるほど~!!」と感心して、さっそく真似して実践しました。

★写真⑤⑥

 

 

②ファブリックを活用する!
雑貨やグリーンの下に「ファブリック」を敷いてあげると、見栄えが格段に良くなります。
キッチン雑貨やフレームの下には「ランチョンマット」
小さな雑貨やグリーンの下には「コースター」
物をそのまま置くのではなく、ファブリックを敷くだけで「丁寧な暮らし」を感じることができます。
また、ファブリックの素材や色を変えるだけで、季節感も楽しむことができますよ。

★写真⑨-1

 ★写真⑧ ★写真⑦

 

③今回のヒットはこれ!
大きなフレームってカッコいいのですが、意外にお値段が高い・・・
そこで考えたのは、クラフト紙に好きなデザインを印刷して100円ショップのフレームに入れるだけ♪
A3サイズまでなら100円ショップで売っています。
もちろんフレームの横にはグリーンをお忘れなく!今回はくまさんに花束を抱えてもらいました^^

★写真⑩

 

写真のデザインはおしゃれな雑貨やさんでよく見かけますが、
実はこれ、「The Hostlee Manifesto – THIS IS YOUR LIFE.」といってニューヨークに実在する会社のマニフェスト(社訓)だそうです。設計の富岡が見つけてくれたのですが、無料でダウンロード出来るとの事だったので今回は拝借させていただきました。

 

デザインもさることながら、この意味も素晴らしい。読んだら誰かとお喋りしたくなりました。
実際にブルックリンまで行ってこの会社を訪ねた方のブログを発見しました。
↓↓マニフェストの日本語訳も載っています↓↓
http://meetsourcetrip.com/post-6405/
(参照先:Meet Source Trip  カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記 )

 

その他、ディスプレイしたのはこんな感じ。
こちらのモデルハウスをご見学希望の方はぜひ、下記よりご連絡をお待ちしております!

★写真 その他1

 

★写真 その他2  

 

         

 

その他、不動産や設計・注文住宅のプランも!
お家の事なら何でもお気軽にご相談ください!

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

pagetop