スズホーム

BLOG

2016.08.31

「制震ユニット MIRAIE(ミライエ)」 のご紹介☆

 

こんにちは。 コーディネーターの谷岡です。

 

みなさま、家をたてる時にはデザイン、間取り…と、いろんな考えられると思いますが、その際に『お家の性能』 も一緒に考えてみてはいかがでしょうか!?だって家は365日24時間、何十年も雨風や暑さ寒さに耐えて、私たち家族を守ってくれます。(しかも文句も言わずに。笑)

 

だからこそ、住宅性能は重要なのです!!
ということで今日は、スズホームで最近おすすめしている地震対策 
「制震ユニット MIRAIE(ミライエ)」 をご紹介します☆

 

地震対策には色々な方法がありますが、似たような言葉があるので、まずはご説明までに。。。

  「耐震」:壁や柱など建物の構造自体を強化し、地震の力に耐えられるようにした構造
  「制震」:壁の中にダンパー等のエネルギー減衰装置を入れて、地震のエネルギーを吸収する構造
  「免震」:建物と地面との間に特殊な絶縁装置を配置し、地震の揺れを建物に伝わりにくくする構造

 

すべて建物の構造に関係しますが、地震エネルギーへの対処方法が違います。
ミライエはこの中の「制震」になります。

 

————————————————————
ミライエのおすすめ理由:その①
3つのメカニズムで地震の揺れを最大70%吸収・低減できる!
————————————————————-
凄いのは揺れを吸収する「高減衰ゴム」の技術!
ミライエは木造住宅用の制震ダンバーですが、簡単に言うと・・・
建物の基礎と繋がったダンパー部分(下部)で地震エネルギーを受け止め上部へ送り、上部に取り付けられた特殊なゴム(コレが凄い!)が変形することで地震の「ゆれ」エネルギーを吸収・発散して建物を守る 構造になっています。

 

写真①

 

これを1階部分の壁に4ヶ所入れるだけで、家の損傷を軽減します。
しかも設置箇所が少ないのでコストも抑えられます。

↓詳しくは、こちら↓
http://miraie.srigroup.co.jp/feature/01.php

 

 

——————————–—————————–
ミライエのおすすめ理由②:
突然の地震だけでなく、余震の揺れにこそ力を発揮!!
————————————————————-
数ある耐震商品の中で、なぜコレをおすすめするかというと、
今年4月に起こった熊本地震で明らかになった「耐震基準の盲点」です。

 

熊本地震の特徴は大きく3つ。
 ・本震よりも2回目の余震の方が、震度が大きかった
 ・震度7が2回も連続した
 ・震度1以上の余震が1500回あった

など、過去に例のない想定外の地震活動でした。
そのため、現在の国土交通省が定める耐震基準をクリアしているとみられる木造家屋でも、全壊が50棟以上あったそうです。

 

その理由は 「建物は損傷しても命は守る」 という現在の耐震基準の基に 「震度6強で1回目の地震に対して建物が倒壊せずに、建物から逃げる時間を確保するため」に建物が作られています。要するに今の基準では熊本のように震度7の地震や、その後の大きな余震には耐えられない恐れがある。といういう事なのです。

 

そこで「ミライエ」は繰り返す「余震」に着目!
本震だけでなく、何度も襲ってくる余震にこそ力を発揮するように作られていて、巨大地震波に5回も耐えられることが、実験結果で確認されています。

↓詳しくは、こちら (実験映像も見られます!)
http://miraie.srigroup.co.jp/feature/02.php 

 

 

しかも、高減衰ゴムは90年たっても性能がほとんど変わらない事も試験で確認済みなので、一度設置してしまえばメンテナンスフリー!構造上、基礎部分と連結させる必要がありますし、壁に埋め込むので費用の面でも、まさに家を建てる時にこそ考えるべき「地震対策」なのです!!!!!

 

————————————————–
大切な家族の命を 地震から守るために。
————————————————–

 

詳しい事を聞いてみたい!費用が気になる!という方は、せひお気軽にお問い合わせください☆

ミライエのミニチュアでのご説明や、高減衰ゴムの機能も体感いただけます!

 写真② 写真③

 

  

プランのご相談はお気軽にどうぞ!
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

 ---------------------------------------------

2016年4月14日に熊本県熊本地方を震源として発生した、
熊本地震で被害を受けられた皆様、ならびに全国のご親族の皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。
一人でも多くの方のご無事と、一日も早い復旧をお祈りいたします。

---------------------------------------------

 

pagetop