スズホーム

0120-887-904

BLOG

2018.10.24

木造建築の構造について

こんにちは!工事部の松田です。

 

 

みなさん、家を買われる時に中の構造はどうなっているのか

考える事ってあるんじゃないでしょうか?

 

今回は、私たちが一番よく施工している木造建築の構造について少しお話したいと思います。

 

 

「えっ、柱と梁が組み合わさって出来てるんじゃないの?」

と一般的には思われていると思います。

 

間違いではありませんが、それだけでは建物としては弱く

地震などの災害には到底耐えることができません。

 

木造の建築物は柱と梁の接合部が強くないので

それらを繋ぎ合わせて面として揺れに抵抗する為の耐力壁を設けます。

 

 

耐力壁には筋交い(柱間を上部と下部ナナメに支える木材を入れる)や

合板(柱と梁を一つの面にする)があります。

 

!cid_E0F7F8AD-3FFD-499A-A1BD-87831796CC28

 

 

「じゃあ、いっぱい耐力壁を作ればいいんじゃないの?」

これは間違いです。

 

たしかに強くはなりそうですが、家中壁だらけでは間取りもへったくれもありません。

 

耐力壁の位置や数は設計士さんによって

建物の大きさ、形に合わせてバランスよく配置されているのです。

 

 

これから住宅購入をお考えの方、少しでも参考になりましたでしょうか?

 

 

弊社では「MIRAIE(ミライエ)」(住宅用制振ユニット)の設置も推進しております。

 

!cid_C63AE270-1012-40CA-AE39-CB7DF5D609C3

 

 

是非検討してみてください。

 

 

では、また。

 

 

 

 —————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

pagetop