スズホーム

0120-887-904

BLOG

2018.07.25

モデルハウスのディスプレイ♪

こんにちは。
スズホームのコーディネーターの谷岡です。

 

毎日暑い日が続いていますね。
朝の出勤で駅から少し歩くだけでもフラフラするのに。。。
こんなに暑い中、クーラーもない現場で一生懸命作業をしてくださっている職人さんたちを思うと、本当に頭が上がりません。いつもありがとうございます!

 

そんな職人さんたちのおかげもあり、先日、弊社のモデルハウスが竣工したので、
雑貨のディスプレイをするためプチプラ雑貨のショップを巡ってお買い物してきました。
100均ショップへ行くと毎回思うのですが【最近の100均はクオリティが高い!!】

 

生活雑貨や小物は流行のデザインが多いし、ディスプレイに重要なフェイクグリーンも種類がたくさんあって、

堀江の雑貨屋さんで揃えたら10万くらいしそうな物が、お金をかけなくても何でも揃うので嬉しくなってきて、
ポンポンとカゴに入れているとすぐいっぱいに!あっという間に大きな袋5つくらいになっていて、
仕事の買い物をしているのに少しストレス発散にもなりました(笑)

★これが買ってきた雑貨達★

★写真①②

 

テーブルに並べたらテンションも上がります!!
さて、後は雑貨の組合せやアレンジするアイデア次第☆彡
ということで、今回は「100円商品をより良く見せる工夫」を少しご紹介しますね!

 

①グリーンをたくさん使う!
100円ショップの雑貨を置いても「何か物足りないなー」と思ったら、横にグリーンを1つ置くだけで「それなり」に見えちゃいます。フレーム、小物、照明…何とでも合わせられるので、小さめのグリーンがたくさんあるととっても便利ですよ。

★写真③

 

その時に私がよくやるのはフェイクグリーンの根元に園芸用の「砂や化粧石を乗せる」こと。
これは本物の観葉植物にも有効ですが、お部屋のイメージに合わせて石の色を選べるし、土を見せないことでグリーンが引き立って生き生きとして見えます。この「ひと手間」で100円商品の「安っぽさ」を減らして、より本物っぽくなりますよ!

★写真④

 

そしてもう1つは「¥200で出来ちゃうコスパ」が魅力な手法(笑) 
必要なものは丸いグリーンと容器のたった2つ。何も考えず「ポンッ!」と置くだけで、完成です~♪
雑貨屋さんで見かけて「なるほど~!!」と感心して、さっそく真似して実践しました。

★写真⑤⑥

 

 

②ファブリックを活用する!
雑貨やグリーンの下に「ファブリック」を敷いてあげると、見栄えが格段に良くなります。
キッチン雑貨やフレームの下には「ランチョンマット」
小さな雑貨やグリーンの下には「コースター」
物をそのまま置くのではなく、ファブリックを敷くだけで「丁寧な暮らし」を感じることができます。
また、ファブリックの素材や色を変えるだけで、季節感も楽しむことができますよ。

★写真⑨-1

 ★写真⑧ ★写真⑦

 

③今回のヒットはこれ!
大きなフレームってカッコいいのですが、意外にお値段が高い・・・
そこで考えたのは、クラフト紙に好きなデザインを印刷して100円ショップのフレームに入れるだけ♪
A3サイズまでなら100円ショップで売っています。
もちろんフレームの横にはグリーンをお忘れなく!今回はくまさんに花束を抱えてもらいました^^

★写真⑩

 

写真のデザインはおしゃれな雑貨やさんでよく見かけますが、
実はこれ、「The Hostlee Manifesto – THIS IS YOUR LIFE.」といってニューヨークに実在する会社のマニフェスト(社訓)だそうです。設計の富岡が見つけてくれたのですが、無料でダウンロード出来るとの事だったので今回は拝借させていただきました。

 

デザインもさることながら、この意味も素晴らしい。読んだら誰かとお喋りしたくなりました。
実際にブルックリンまで行ってこの会社を訪ねた方のブログを発見しました。
↓↓マニフェストの日本語訳も載っています↓↓
http://meetsourcetrip.com/post-6405/
(参照先:Meet Source Trip  カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記 )

 

その他、ディスプレイしたのはこんな感じ。
こちらのモデルハウスをご見学希望の方はぜひ、下記よりご連絡をお待ちしております!

★写真 その他1

 

★写真 その他2  

 

         

 

その他、不動産や設計・注文住宅のプランも!
お家の事なら何でもお気軽にご相談ください!

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

2018.05.09

現場監督になって良かったと思った瞬間

こんにちは、工事部の相良(さがら)です。

このブログでは初めて執筆担当させていただきます。

 

スズホームに入社して、はや7ヶ月が過ぎました。

まだ一人で現場を持ってはいませんが村上の現場管理のサポートとして、日々軽トラを転がしております。

 

 

今回は、自分が現場監督になって良かったなぁと思った瞬間の話をさせていただきます。

 

4月中旬のある晴れた日、引き渡し直前の現場の最終チェックで一人作業をしておりました。

チェックも一通り終わり、お施主様の最終確認を前に玄関を綺麗に清掃していた時です。

 

日も傾き、ちょうど西日が射し込み、その家のみをスポットライトが照らすような状態になりました。

清掃するのに水で汚れを流してた玄関タイルがキラキラと反射し、少し幻想チックな感じに包まれました。

 

すると、前を通りかかる通行人から

「うわぁ~、素敵なおうち!こんな家住みたいなぁ~」や

「ピッカピカの家やなぁ~、ええなぁ~」という声が!!

 

声を掛けられる事、10分ほどの間になんと3組!

その瞬間、何とも言えない幸福感に包まれました。

 

IMG_0016

 

 

そんな体験から約1週間後のゴールデンウイーク直前のある日、今度は

弊社ブログでも何度か取り上げている寝屋川市河北中町分譲地の

3号地モデルハウスの内装チェックをしていた時です。

 

2階のベランダに居ると、分譲地に入ってくる人影が見えました。

外に飛び出してみると、分譲地の近隣に住むお若いご夫婦とベビーカーに乗ったお子さんで

前から当モデルハウスが気になっており、この日の朝に家具搬入をしてるのを見かけたので

内見出来ないかぁと思い、通りかかったとの事でした。

 

ちょうどこの時、販売営業スタッフが既に帰社しており急遽私が対応することになりました。

現場を1人で案内するのは初めての体験でしたが、若いご夫婦はモデルハウスに興味津々で

大工さんが腕を振るった建具細工や、左官職人さんが綺麗に丁寧に仕上げた塗り壁、

コーディネーターや設計が必死に考えた間取りや設備等など、1つ1つに感想を頂き

それも有難いことにほとんどがお褒めの言葉だった事に、またまた何とも言えない幸福感がズキューン!

 

この仕事してて良かったーと心から思いました!

 

IMG_5450

IMG_5516

 

 

私は、スズホームに入る前も建築や家づくりに関わる仕事をしてきましたが、どれも裏方仕事ばかりでした。

直接お客様や周りの人からの感想を受け止める事が出来る現場監督という仕事の

やり甲斐という物をほんの少しかもしれませんが、味わう事が出来た4月でした。

 

これから先も、こんな良い経験をもっともっと出来るよう、

そして多くの人に感動が届けれるよう、しっかりと軽トラを転がし現場を管理していきたいと思います。

 

こんな34才の新米監督な相良ですが、どうか皆様宜しくお願い致します。

 

IMG_5469

 

 

あ、上記で話した河北中町3号地のモデルハウス、もう間もなく外構も含めて完成予定です。

 

もし興味を持たれた方、是非是非見に来ていただきたいと思います。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

—————————————–

プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)

メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

—————————————–

 

 

2018.04.11

池田市栄本町の現場紹介

こんにちは!工事部の木本です。

 

先日モデルハウスとして上棟しました、池田市栄本町の現場をご紹介します。

 

 

IMG_0284

 

先週に上棟したばかりなので、中はまだ骨組みが見えている状態です。

建材はこの4月から新しくなったLIXILのラシッサを採用した新仕様となります。

 

IMG_0290

IMG_0286

 

現場は阪急池田駅の向かいにある商店街の1番街を抜け、

2番街の中ほどにある脇道を抜けた先にあるので、

公共交通機関を利用して頂いた場合でも、お越しいただきやすい場所となっています。

 

IMG_0297

IMG_0299

IMG_0296

IMG_0294

 

完成は6月末頃を予定していますので、
その際にはぜひ、新仕様のモデルハウスをご覧にお越しくださいね。

 

—————————————–
プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————–

2018.02.14

大東市赤井6区画分譲

こんにちは!
設計<esARCHITECT>の清水です。

 

今日はバレンタインです!
学生の皆さんはきっと男女ともにドキドキわくわくの1日となりそうですね!
社会人になると、一種の年行事と化している気がします。

 

私の、今ドキドキわくわくしているものの一つに
自社分譲のモデルハウスがあります。

厚紙模型 (3)

 

昨年から動き始めた大東市にある6区画分譲地のうち、2棟がすでに着工しています。
弊社唯一の女性監督と共に打ち合わせを重ねながら、進めています。
先日、富岡のブログ内で「建築はいつか景色になるけん面白い!!」という言葉がありましたが
別の方の考え方では「街並みだけでなくそこで生活する人も含めで、一つの風景である」とあります。
どこに洗濯物を干して、どこの自転車を置いて、どこで井戸端会議を開くのか…
大袈裟なようですが、分譲地は一つの街並み・風景をつくり出すのだと思うと、凄く悩みます。

 

5号地 外観イメージ 5号地 玄関・畳コーナーイメージ

こんな風に暮らしてほしいな、というイメージをどこまで細部まで湧き起こせるかが大切だと感じます。
私自身、初めての分譲地です。
女性監督の細やかな管理に助けてもらいながら、完成までがんばります!

 

最後に、イメージパースを!

赤井6区画分譲

 

不動産から設計、工事はもちろん。インテリアコーディネーターまで揃いに揃っています!
プランのご相談はお気軽にどうぞ!

 

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

2017.11.01

「こだわりのオーダー建具」~施工例:素材がかっこいい家~

こんにちは!
コーディネーターの谷岡です。

今日は、こだわりの素材と、職人さんの「手仕事」で出来上がった室内ドアのご紹介です。

 

一般的な新築の室内ドアは、リクシルやパナソニックといったメーカーさんの商品を使うことが多いですが、今回は材料を「イチ」からオーダーしてドアを作りました!
こちらは玄関の収納。黒い鉄骨の階段とも、相性バッチリです!

 _ND82189(320×320)

 

 

まずはドアの材料。
これは【マロニエ】という樹を4㎜程の薄い板(突板)にしたものです。(写真はサンプル)
マロニエは、パリ、シャンゼリゼ通りの並木に植えられている樹と同じ種類ですが、
この木の実を馬が好んで食べるので、昔、各地から馬車で訪れる観光客や商業客を集めるためにパリ市内の道路脇に植えられたそうです。いわば『繁栄の木』という意味もあるんです☆

 

 マロニエのサンプル(320×320)  シャンゼリゼ通り|パリのセーヌ河岸320×320
シャンゼリゼ通りの写真 →世界遺産オンラインガイド より引用

 

 

また、杤(トチノキ科)の一種で特有のゆらゆらした木肌が特徴ですが、
クリア塗装をするとより一層透き通ったような艶が現れて、光が当たると表情も変わるのでとても美しい杢目が楽しめます。(写真では分かりにくいのが、残念!)

 ドア 杢目アップ(320×320)   ドア木目 アップ

 

 

次に、ドアのデザイン。
今回のように材料から作る場合には、サンプルだけでは出来上がりがイメージしにくいため、
パースを作ってご説明もさせていただきました。

【イメージパース】
 玄関 パース(320×320) リビング パース(320×320)

 

【実際の出来上がり】

玄関 完成(320×320)    リビング 完成

 

 

また合板屋さんで突板を製作する時には、1枚1枚、柄が違う杢目をデザインしていきます。
写真の左側、家具の引出し部分に注目!
棚は分かれていても、しっかりと杢目の柄が揃っているのが分かりますか?
1枚の突板で柄がつながって見えるように、細かいところにこだわったデザインになっています。
リビング建具   IMG_9015加工

 

 

その他、デザインだけではなく機能にもこだわりを。
家具の上段にはルーター関係をまとめて、スッキリ。
また中央の収納扉には金具の取っ手は付けず、マロニエの杢目を邪魔しないように木で取っ手を作りました。
開け閉めするたびに、手触りも気持ちいい。
 収納① ルーター  収納 取っ手

 

 

同様に、廊下の収納扉もマロニエで作製。
ここでも収納の扉と、右側の扉が下の方で柄がつながっているようにデザインされているのが、分かりますか?
そして、開けるとダイソンの収納場所も確保。いつでも掃除のスタンバイOKです!

収納②オープン  収納②

 

 

こうして出来上がった建具をご覧になった施主様に「これにしてよかった!」と
満面の笑顔で喜んでいただくことができて、私もうれしい限りでした♪

 

そして何より、この建具が出来上がるまでには、
たくさんの職人さんたち一人一人の「手仕事」をバトンタッチしながら作り上げられ、お客様の手元に届きました。

 山奥まで樹を探して、切りに行ってくれた人たち。
 樹が大好きで、お客様に喜んでもらえる1枚を根気よく探し出してくれた合板屋さんの営業さんと、
 その樹木を丁寧に仕立てて、デザインしてくれた合板職人さん。
 その薄い突板を「建具」という形にしてくれる、ちょっとぶっきらぼうだけどとっても優しい建具屋さん。
 その建具に塗装という化粧をして、美しい艶を引き出してくれる塗装屋さん。
 見た目と使い勝手の納まりを細かく考えて、ドア枠という建具の額縁を取り付けてくれる大工さん。

 

たった1枚の建具ですが、たくさんの人たちの「手」によって、このお家に納められました。
写真を見ていると頑張ってくれた職人さんの顔が思い浮かびます。

 

そんな建築のプロがスズホームにはたくさんいます。
お家作りをお考えの際には、ぜひ私たちにご相談下さい!

—————————————–
プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————–

2017.07.19

☆施工事例 ご紹介☆

コーディネーターの谷岡です。

今日は完成したお家を、一部ご紹介します。

 

まずは広いリビングダイニング!

広いリビング!
全体的には、濃い色の床に黒のキッチンで落ち着いた雰囲気に。
壁にはエコカラットと間接照明を施工しました。

エコカラット&間接照明
※使用したエコカラット→グラナスルドラ・ベージュ(ECO-2515/LDR5NN)

 

リビングの天井ダウンライトは、昼白色と電球色の色を切り替えができるタイプです。
昼間や夕方などお子様がリビング学習するときには昼白色にして、夜は間接照明の電球色に合わせてくつろぎ空間に変えることができます。家族がリビングに集まって、みんなが気持ちよく過ごしていただけるようにご提案させていただきました。

 

 

また、洗面台は施主様のご希望で広いカウンターに。
お子様が2人いらっしゃるので、朝の支度もしやすいですね。

ひろびろ清潔感あふれる洗面所

 

 

あと、私が個人的に便利だな~と思っている商品は、コレ☆

トイレは小さなスペースですが、トイレットペーパーやお掃除用品など意外に置くものが多い・・・でも、家族以外も使うから生活感は見せたくない!というときには、トイレの背面にこれをつけておけばスッキリ収納できます。
トイレットペーパーが12ロール入るので、ドラッグストアで買ってきたらそのまま詰め込み可能!面倒臭がりな私にはピッタリです(笑)

スッキリトイレ便利なトイレ収納

 

 

 

 

 

そして、このお家で一番うらやましいのは何といっても「明るい玄関」

明るい玄関 吹き抜け
玄関が吹き抜けになっていて、窓が3つもあります。
天井も高く開放的で、玄関だけでなく2階の廊下にも光を通してくれます。

 

 

吹き抜けって広いお家じゃないと取れないから・・・と、明るい玄関にできないわけではありません。
下の2枚は弊社で設計した別の物件ですが、玄関にスリット窓を入れたり、少し高い位置に窓をつける工夫をするだけで、玄関に光が入ってきます!

スリット窓 天窓風に工夫!

 

毎朝、家族が出かけるときに明るい玄関で気持ちよく「いってらっしゃい!」と送り出してあげられたら、
きっと素敵な一日が送れるような気がしませんか?

 

 

明るく家族が集まるリビングにしたい! 風通しを良くしたい!
お家を建てる時には、色々な想いや夢があると思います。

 

お客様がどんな暮らしをしたいのか。。。
どうしたら快適に過ごせるのか。。。。

 

お客様と一緒に考えて、お客様の気持ちに寄り添える設計士がスズホームには居ますので、お家づくりをお考えの際にはぜひお気軽にご相談ください☆

—————————————————————————————-
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————————————-

2017.02.01

お家をご紹介!

こんにちは!お久しぶりですね。

建築事務の西田です。

今日から2月に入り、一年の中で一番寒い月と言われているので、寒さに乗り越えれるか心配な西田です((+_+))

 

私事ではございますが、この度、結婚致しました!

 

お互い実家暮らしだったので、これから住むところはどうしようか?と考え

お家を建てちゃいました!!!

 

建築勉強中だったので今回とても良い経験、勉強になりました。

 

お家ってどれぐらいの期間で建つと思いますか?

 

私、実は1年以上かかるものだと思っていたのですが、

工法によって、3,4ヵ月で建つとの事。

 

何十年も住む家がたった数か月で建つなんて。

「人間ってすごい…」と思った瞬間です。

 

お写真ご紹介します!

02

 

↑基礎です。

 

03

 

↑コンクリートを打ちました!

これを見たとき正直、「小さい!」と思いました。

内心、「こんなサイズで住めるのかな」と不安になりました。

 

04

 

↑あのコンクリートから一気に家の形になります!

もうここからわくわくが止まらないですよね。

 

05

 

↑一気に完成ですね。

愛車と一緒にパシャリ。

いやもう。毎日現場に見に来ないと、段階が次々と進んで本当にあっという間なんですよ。

 

 

現在、私も旦那も23歳で、「年齢的に厳しいのでは?」と思ったのですが

思い切って相談してみて良かったです。

いずれ家を建てるなら、ローンが早く終わるように早く建てたいと思ったので。

 

 

そうです!20代でもお家は建てれるんです!

資金計画から相談に乗ってくれ、引渡までトータルサポートしてくれました。

 

 

お家を建てたい!とお考えの方、是非ご相談を!

お電話がしにくい方がいらっしゃれば、是非、西田へ

経験談は任せて下さい(´・ω・`)!

 

 

 

プランのご相談はお気軽にどうぞ!

 

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

 

 

 

 

2016.11.09

竣工物件のご紹介!

こんにちは。 コーディネーターの谷岡です。

 

今日は、少し前に竣工したお家をご紹介させていただきます!

 

まずお家の外構にはアプローチとして使用したケンクリート。

 

写真①  写真②

 

パッとみると石を使っているように見えませんか?でも、実はコンクリートに色付けしているんです☆
「色を付けてるなら、すぐ剥がれるんじゃないのー?」と思われるかも知れませんが大丈夫!駐車スペースにも施工が出来ます。
また本物の石やタイルを張る場合には下地工事が必要ですが、ケンクリートは特別な下地工事も不要なので施工日数も短縮できて、比較的コストを抑えて玄関廻りのデザインを作れます。
玄関ドアまでのアプローチとして少し入れるだけで、印象がグッと違って見えます。

 

↓施工している様子はこちら↓
以前のスズホームブログより:ケンクリートのご紹介

 

 

そして、建物内部。
ちょっとした事ではありますが、玄関入口の下駄箱横に棚とペンダント照明を設置しました。

 

写真③

 

こういう棚1枚あるだけで、いつも使う鍵の置き場所に便利だし、季節の飾り物や観葉植物・フレグランスなど置けばお客様のおもてなしにも使えます。
それに、玄関にやさしいペンダントの灯りがあると、お仕事から帰ってきたご主人さまにも少しホッとしてもらえるかな~と思います^^

 

その他、玄関とリビングの壁にエコカラットを貼って、リビングには間接照明も設置して頂きました。

 

写真④   写真⑤

 

リビングのタイル側にTVと観葉植物を置いて、ソファやテーブル・カーテンが入ると、きっと素敵なリビングになりそうです♪
間接照明は調光が出来ますので、気分やシーンでリビングの印象を変えることもできますので、ここでゆったり過ごして、1日の疲れを取っていただけると思います。

 

 

「お客様がお家でどんな風に過ごしたいと感じているのか。」
日々考えながら、お客様の気持ちに寄り添えるようなご提案をしていけるようにがんばります!

 

 

プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

 

2016.10.05

東成区 Y様邸

第一工事部 松田です。

 

先日東成区のY様邸の上棟でした。

 

先方様宅は鉄骨造になっており
基礎では建物自体の重量を支える為、コンクリートの厚さも分厚く,
そのコンクリートの強度を出す為に鉄筋もかなりの量を使い、

また、使う鉄筋もいものを使います。

 

写真は配筋完了後です。

 

2016-10-04 20.32.20

 

上棟も大変でした。

 

1本の柱、梁材が何トンにもなっており
順番に1本ずつレッカーで吊り上げていきます。

 

2016-10-04 20.31.58

 

これで骨組みとしては完成です。

 

これから季節も秋、冬へと変わっていきながら
外装、内装、設備と建物が形になっていくのが楽しみですね。

 

施主様にも満足頂ける様進めていきます!

 

 

プランのご相談はお気軽にどうぞ!
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

 

 

 ---------------------------------------------

 

2016年4月14日に熊本県熊本地方を震源として発生した、
熊本地震で被害を受けられた皆様、ならびに全国のご親族の皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。
一人でも多くの方のご無事と、一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

---------------------------------------------

2016.06.02

省エネ住宅について

こんにちは第2工事部の江川です。

 

今日は今話題の省エネ住宅について、快適な家を建てるための3つの条件について説明したいと思います。

 

まず省エネ住宅とは、家の仕様を良くして快適に、そしてエアコンや設備機器の負担を減らして家から発生するCO2を減らしていこうという目的で作られている住宅です。

そのために大きく影響するのが次の3つの部分になります。

 

○窓

12

 

窓は外の空気と直接接する場所なので、その部分の性能を上げることで、結露防止や断熱効果のUPにつながります。高性能の遮熱ガラスや樹脂製のサッシなど、メーカーでもいろいろな商品が出ています。

 

○断熱材 

34

 

その名のとおり家の壁や床、天井の中に充填されて、家の防寒の役割をする部分の材料です。

この部分の仕様を良くすることで一気に室内は快適になります。グラスウールや吹き付け断熱、新聞紙を細かく砕いたセルロースファイバーという高性能の断熱材もあり、製品や材料の厚み、密度によっても変わります。

 

○設備機器(太陽光・高性能給湯器)

56

 

設備機器の効率性UPや自家発電がCO2削減に貢献します。

 

 

以上が快適な家づくりのための3つの条件です。ぜひ家を建てる際の参考にしていただければと思います。

 

 

プランのご相談もお気軽にどうぞ!
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

---------------------------------------------

2016年4月14日に熊本県熊本地方を震源として発生した、
熊本地震で被害を受けられた皆様、ならびに全国のご親族の皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。
一人でも多くの方のご無事と、一日も早い復旧をお祈りいたします。

---------------------------------------------

2016.05.11

宝塚市の現場

いつもご観覧頂きありがとうございます。

スズホーム第一工事部の石田です。

 

皆様、GWはゆっくり休めましたでしょうか?

私はといいますと・・・

休み明けですので気合いを入れて頑張ります!

 

先日着工した現場を紹介したいと思います。

宝塚市の現場なのですが、

この現場の景色が本当に素晴らしいのです。うらやましい・・・。

 

 1462886328164

 

分かりづらいですが、写真の奥には大阪まで見えております。

夜は夜景も最高です。

 

施主様にも喜んでいただける様に

景色に負けない建物を完成させたいと思います!

 

また完成後の写真もブログでUPさせて頂きます。

 

プランのご相談もお気軽にどうぞ!
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

---------------------------------------------

2016年4月14日に熊本県熊本地方を震源として発生した、
熊本地震で被害を受けられた皆様、ならびに全国のご親族の皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。
一人でも多くの方のご無事と、一日も早い復旧をお祈りいたします。

---------------------------------------------

2016.04.27

市内N様邸

こんにちは!
設計の清水です。

新しく物件が着工し、配筋検査の立会いに行ってきました。
ベース筋

かぶり厚
かぶり厚も確保され、図面通りの配筋で施工されていました。
基礎屋さんは、当然ながら屋根も壁のない状態の現場での作業になります。
ある現場で暑い夏の作業と寒い冬の作業ではどちらのほうが辛いですか?と
聞いたことがあります。寒いほうが手がかじかんで結束が大変なのかと
思いましたが、答えは逆で夏のほうが大変と答えてくれました。
それは鉄筋が熱くなってたまらないからだそうです。
くれぐれも安全第一で作業していただきたいと思います。

日は変わって、先日上棟を迎えました。
とてもいい天気で、気持ちがよかったです。
上棟①
7月の完成に向けて、進めてまいります!

プランのご相談もお気軽にどうぞ!
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

---------------------------------------------

2016年4月14日に熊本県熊本地方を震源として発生した、
熊本地震で被害を受けられた皆様、ならびに全国のご親族の皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。
一人でも多くの方のご無事と、一日も早い復旧をお祈りいたします。

---------------------------------------------

pagetop