スズホーム

0120-887-904

BLOG

2018.09.19

モザイクミュージアム

こんにちは!工事部の二階堂です。

 

岐阜県多治見市笠原町に2016年6月にオープンの

多治見市モザイクミュージアムをご紹介いたします。

多治見市はタイルや焼き物の町で知られるが、

その中でも笠原町はモザイクタイルの製造が盛んで、

そのモザイクタイルのコレクションなどを展示しているミュージアムです。

 

1

 

2

 

 

モザイクタイルとは、1枚の表面積が50㎠以下のタイルのこと。

設計は建築家の藤森照信氏。

ジブリの世界に出てきそうな外観は、

タイルの原料になる粘土の採土場をモチーフにしているのだそう。

 

外壁には、茶碗などが埋め込まれていてユニークです。

 

3

 

 

1Fにはモザイクタイルで覆われた車が展示してありました。

 

4

 

 

登り窯をイメージさせる土の中のような階段を上がっていくと、

 

5

 

 

 

4Fの展示室へ行くと真っ白いタイルの空間で銭湯の中にいるみたい。

 

6

 

7

 

ここに展示してあるタイルは全国の銭湯・旅館から集められたもの。

どこか懐かしさと昔の職人の技術を感じることが出来ます。

 

8

 

9

 

このミュージアムへ行き、改めてタイルの良さを実感しました。

皆様も機会があれば、ぜひ行ってみて下さい。

 

 

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————―

 

 

pagetop