スズホーム

0120-887-904

BLOG

2019.03.06

住宅ローンアドバイザー

こんにちは!
設計部の西沢です!

 

 

今回は、最近僕が受けにいった住宅ローンアドバイザーの講習についてです。

 

おそらく、みなさんがお家を建てる際に

絶対にぶつかる壁が住宅ローンだと思います。

 

そんなみなさんに寄り添い

的確にアドバイス、情報提供をするのが住宅ローンアドバイザーの仕事です。

 

 

講習も2日間に分け、基礎編と応用編とみっちり受けて、

2回テストを行い基準点に達していれば、住宅ローンアドバイザーと認定されます。

 

基礎編では、住宅ローンが初心者でもわかるように

住宅ローンの仕組などを説明してくれます。

今までなんとなく理解していた部分が基礎を学ぶことでより理解が深まった気がします。

 

応用編では実際に計算して、どのタイプの住宅ローンがいいかを

演習問題を通して考えたりなど、細かい部分を学べました。

 

少し難しくついていくのがやっとでしたが…。

 

 

写真①

 

 

こちらの教材をもとに2日間講習を受けて行きます。

かなり分厚く、2日間の量ではないと思っていましたが、

以外といけるものですね!!

 

まだ、合格は発表されていませんが、

今回講習を受けて得た知識で、

住宅ローンでお困りのみなさんの力になれたらと思います。

 

住宅ローンは返せるローンで借りるのが一番大事だそうです。

 

 

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

2019.02.27

木下大サーカス

こんにちは、建築事務の井上です。

 

いきなりなんですが、
私がスズホームに入社して初めて投稿したブログは
監督の當眞が書いた「木下大サーカスへ」という記事でした。
(ブログは基本的に事務員が代理で投稿しています。)

 

動物大好きなので、このブログを読んで
「ライオンの芸、見てみたい!」と興味を持ったものの、
行く機会はなく、電車の広告などで目にしては
「行ってみたいな~」と思っていました。

 

意を決し、今年こそ行こうと考えていた矢先のこと
なんと!木下大サーカスのチケットを頂いたんです!!

 

長い前置きでしたが、そんなこんなで先日行ってきたのでそのお話です。

 

 

現地についてまず驚いたのが人の数。
自由席だったんですが、開演時間ギリギリに行ったので
目の前に柱がある席になってしまい、見えづらかったです。(私が悪い。)
あ、そんな状態で見るサーカスでも迫力は十分でしたよ!

 

団員のみなさんの身体能力の高さには驚かされっぱなしでした。

見てるこっちがヒヤヒヤハラハラ、ずっと手汗かいてました(笑)

 

 

そして、楽しみにしていたライオンの芸!

正直もっとピシッとした感じを想像していたんですが

実際見るとしぶしぶやってそうな感じがまた可愛くて…♡♡

 

 

S__8708566

 

初めての木下大サーカス、大満足でした!

ただ、次行くときは絶対!指定席を取ると誓います(笑)

 

 

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

2019.02.22

SUUMO 注文住宅 2019年 春号

こんにちは、建築事務の井上です。

 

いつも当サイトをご覧くださりありがとうございます。

 

 

2月後半に入り、少し寒さが和らいできましたね。

 

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、しっかり体調管理を行いたいと思います。

 

 

さて、早速ですがお知らせです。

 

 

2月21日に『 SUUMO 注文住宅 2019年 春号 』が発売されました。

 

 

 1782464_o

 

 

今回も、スズホーム並びにes ARCHITECTを掲載して頂いております。 

 

 

掲載内容

 

【スズホーム】 

■香里園支店(イベント別紙 P.22)

■T様邸(実例ラインナップ P.121)

■Y様邸(テーマ別     P.356)

 K様邸     〃

 U様邸     〃

 

【es ARCHITECT】 

■モデルハウス(イベント別紙   P.21 裏表紙)

■Y様邸   (実例ラインナップ P.160)

■Y様邸   (テーマ別     P.302)

 T様邸        〃

 河北中町モデル    〃

 赤井モデル      〃

 

 

 

書店・コンビニにて販売しております。

 

弊社にもご用意しておりますので、お気軽にお声がけください。

 

 

—————————————–
プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————–

2019.02.22

IOT住宅

スズホームの江川です。

 

今回は今話題のIOT住宅について書こうと思います。

IOT住宅とは、Internet of Thingsの略です。

ものをインターネットでつなぐという意味ですが、今実際に実現しているものでは、

 

・帰宅前にエアコンをつけて部屋を暖めておく

・照明、TVの操作

 

これを外出先などから携帯で操作できるというようなものです。

更にスマートスピーカーという対話型の音声スピーカと上記の機器のリモコンや操作アプリと連携させれば、室内で音声操作だけで機器を操作することもできます。

 

“オッケーGoogleエアコンをつけて”

“オッケーGoogleTVをつけて”

など

 

今回僕もこのスマートスピーカーを購入して家で使ってみました。

 1 2

 

左がスマートスピーカー、右がスマート家電コントローラーです。

右のリモコンに家の家電のリモコン(赤外線タイプ)を登録させてからスマートスピーカーとスマート家電コントローラーを設定で繋ぐと、“スマートスピーカー→スマート家電コントローラー→各家電(赤外線が届く範囲で)”という形で指示が行き、家電が操作できます。

設定はちょっとめんどくさかったんですが僕の家もTVとエアコンをつないで実際に使ってみました。

 

“オッケーGoogleTVつけて”

1 2

 

“オッケーGoogleエアコンつけて”

 3 C7D92750-7B04-45AF-8A62-E29EC9F5BE68

 

つきました!エアコンのほうはちょっと画像わかりにくいです笑

 

また今回は赤外線タイプのリモコンの例ですが、BluetoothなどのWi-Fi環境のタイプの家電・機器でも操作アプリと連携して操作することもできます。その場合は、“スマートスピーカー→Wi-Fi操作アプリ”という形で音声操作が可能です。

 

このように音声やリモコン操作で家電を制御、操作できる仕組みが今住宅業界でも広がっています。

 

僕の家は後からスマートスピーカーとスマート家電コントローラーを買っただけですがそれでもかなりできることはありそうです。ただ、これを新築住宅建築時にIOT対応の材料を組み込むと(シャッター、玄関ドア等々)、

 

・電動シャッターを音声操作

・電動カーテンを音声操作

・玄関ドアを携帯で解錠

・帰宅前に携帯からお風呂に湯をためておく

・宅配ボックスを外出先から確認、操作

 

など操作の幅がかなり広がります。

“おはよう”の一言でシャッター・カーテンが開いて照明がついて音楽が流れだす、みたいなこともできるようです。

 

これからこのような仕組みがどんどん取り入れられ住宅の仕組みも変わっていくと思います。

まだまだできることはたくさんありそうなので、僕も今勉強中ですが、新築検討中の方や興味がある方は一度調べてみていただければと思います。

 

—————————————–
プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————–

2019.02.13

現場レポート【門真市浜町&堺市北区百舌鳥梅町】

こんにちは。
設計部・コーディネーターの谷岡です。
今日は完成した2件の施工例をご紹介します。

 

まずは以前のブログで工事中の写真をUPしていた『門真市浜町』

写真①  
吹き抜けのおかげで高さもあり、リビングも広く感じます。
梁の木目が印象的な、とても気持ちいい空間になりました!

 

右側の階段手すりの壁にある「お家の形をしたニッチ棚」がポイントです。
ここにお気に入りの雑貨や家族の写真を飾るだけで、いつでも気分が上がると思います。
でもこの形、大工さんは作るのが面倒だったと思いますが(笑) 
いつもわがまま聞いてもらって、ありがとうございます^^

 

写真②
キッチンは奥様に人気のフルフラットタイプで、落ち着いた色をチョイス!
建具はリクシルのヴィンティアと、カップボード側の壁には白いサブウェイタイル調のクロスを貼って、
ヴィンテージっぽいイメージに仕上げました。

 

 

 

写真③
洗面所は少し広めだったので、収納棚とカウンターを取付。
ここでアイロンなどの家事も出来るようにしました。   

 

 写真④ 写真④ 外観パース

外観はこんな風に仕上がりました!
左:施工写真 / 右:イメージパース

 

======================================

 

続いてご紹介するのは、堺市北区に全11区画の分譲地を展開している『百舌鳥梅町』

周辺には、大仙公園や大泉緑地もあり自然や歴史を感じされる環境で、
徒歩5分以内にスーパー・小学校があり安心の環境で人気のエリアです。

 

 

写真⑤  
分譲地の全体的なコンセプトは「カリフォルニア・テイスト」
現在モデルハウスを3棟建築中ですが、1棟だけ内部が完成したので家具や雑貨のディスプレイに行ってきました。

 

 

 

写真⑥  写真⑧
こちらは『少し大人なカリフォルニア』というイメージにしたかったので、黒を基調に落ち着いた色合いでコーディネートしています。

 

LDKは【異素材の組合せ】を楽しめるように、キッチン天井は「エイジング塗装」、リビング側の天井は「無垢材」、キッチンカウンターの壁には「タイル」を採用し、色のバランスを取ることで、様々な素材を使いながらもスッキリ落ち着いた『大人かっこいい』印象に仕上げました。

 

 

 

写真⑨ 
トイレには棚を2段設置。上段には雑貨やグリーンを飾って、下段は本を置いたり、カゴにトイレットペーパーを入れれば収納としても使うことができます。

 

 

 

写真⑩  写真⑪
帰ってくる家族や友人をあたたかく迎えられるよう、玄関はあたたかくホッコリしたイメージにしたかったので、
モルタルで塗ったような味のあるデザインのクロスに、照明の灯りが柔らかく反射して、
その下にはグリーンや写真を置ける飾り棚を取り付けました。

 

 
こちらの物件はモデルハウスとして公開しています。
ご興味がある方は、お気軽にお問合せ下さい^^

 

 

その他、不動産や設計・注文住宅のプランも!
お家の事なら何でもお気軽にご相談ください!

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

2019.02.06

住まい給付金のこと

こんにちは、建築事務の西田です。

本日のブログは、お家を建てられた方へのお得な情報をお伝えします。

 

思い切って新築を購入して、出費が多いな~、せっかく固定資産という家を買ったのに

なにかお得なことはないかなーと考えているあなたに!!

 

【住まい給付金】はご存知ですか?

住まい給付金とは、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。

消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。

 

なななんと!!!!!!最大30万円!50万円が給付されるという、絶対に見逃してはいけない制度!!!!

※収入額や個人個人によって給付額は異なります。

申請するしかない!!!もらえるものはもらっておこう精神(大阪人ですね。)

なので、新築をご購入されたあなたへ、必ず申請をお願いします。

申請に必要な書類を集めることはとても面倒に感じますが、

給付金のためです、是非申請してみて下さい。

もっと詳しい説明や、必要書類の詳細は全て下記HPにて記載されておりますので、

ご活用ください。

http://sumai-kyufu.jp/

 

 

S__12361748

 

犬のいる家。いいですよ。

 

 

—————————————–
プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————–

 

 

 

2019.01.30

おんせん県

こんにちは!建築事務の森です!

 

寒い日が続き、今年もインフルエンザが流行していますが、

スズホーム社員はインフルエンザの感染者ゼロでございます。

この調子で今年も元気いっぱいで頑張ります!

 

さて、そんな寒い冬に行きたくなるのが温泉。

今回はおんせん県とも言われる大分県へ

温泉旅行に行き、感じた大分県の魅力についてご紹介いたします。

 

まず初めに驚くのが、街中のいたるところから上がる湯けむり。

硫黄のにおいが漂っていました。温泉地に来たことを実感できます。

 

観光がてらに地獄めぐりをしました。

 

コバルトブルーの海地獄

湯けむりで少し分かりにくいですが、

コバルトブルーに見える温泉は一見涼しげ・・・ しかし温度はなんと98度です。

9167

 

 

先ほどとは対照的に、真っ赤に染まった血の池地獄

血の池地獄は日本で一番古い天然の地獄で、一言で言うなら「赤い熱泥の池」です。 

9168

 

 

最後に別名「ワニ地獄」とも言われる鬼山地獄

 現在クロコダイル、アリゲーターなど約70頭のワニを飼育しているそうです。

9169

 

観光はもちろんのとこ、グルメも満喫できます。

とり天にかぼす、やせうまや地獄蒸したまごなどなど。

 

皆様も寒い冬だからこそ、魅力と癒し溢れる

「おんせん県」へ行かれてみてはいかがでしょうか。

 

—————————————–
プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————–

 

2019.01.23

はじめまして!

皆様初めまして!設計部の新入社員、小川です。

今回のブログは僕の出身地である熊本県を

少しですがご紹介させて頂こうと思います。

 

九州といえば美味しいものが多く

最初に福岡県の博多ラーメンやもつ鍋など想像する方が多いと思いますが、

熊本県も負けていません!おいしいものだらけです!

 

有名なものでいえばやはり馬刺し。

他には、からしレンコンやタイピーエン、いきなり団子

数え出したらきりがありません!

 

そして熊本といえば熊本城!

5b06542745b041527141415

(写真引用:https://shirobito.jp/article/328

 

城主である加藤清正が戦の経験を生かし築き上げ、

武者返しと呼ばれる石垣やいろいろな仕掛けを城内に散りばめ

最強の城と呼ばれるようになりました。

皆様に是非熊本まで足を運び実際に熊本の良さを体感していただきたいです。

 

そして皆様がマイホームを建てる際は、

自分の理想やこだわりを沢山散りばめた

最高のマイホームを建てて頂きたいと思います!

 

—————————————–
プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————–

 

2019.01.16

静岡旅行 第3弾

こんにちは! 建築事務の西田です。

 

さて今回は最終回となりました

 

「静岡旅行 第3弾」!!

 

===3日目===

 

「富士ミルクランド」へ

名前からして楽しそうでしょう?建物のハイジ感がすごかったです。

 

たくさんの動物たちがいて、エサやりに牛の乳搾り体験、乗馬もできます。

 

動物たちも人馴れをしていて、すごく大人しく、触っていても全然怖くなかったです。

 

【写真1】

 

久しぶりにアヒルを見た気がします。

ふわふわでおしりもプリッとしていました。

 

【写真2】

 

乗馬も体験し、飼育員さんがとっても楽しくお話して下さり、

馬に乗った時の眺めも良かったです。

 

【写真3】

 

ハイジに出てくるヤギもいました!(笑)

 

【写真4】

 

そして私が一番魅力に感じたのは、この牛

 

【写真5】

 

美人過ぎませんか??

15分は見つめました。

 

そしてご飯中にも、、、、

 

【写真6】

 

ショップにはとっっってもおいしいソフトクリームが!!!

さすが搾りたての牛乳で作るソフトは

今までに食べたことのない弾力と、濃厚さ。

 

あいにく、写真がございませんので、行ってみてのお楽しみ。。。。

 

そしてそして!!

1日目に行けず断念した、静岡と言えば

「さわやかハンバーグ」!!

ちなみに1日目、18:00頃に行きました。

行ったんですが、、、、待ち人数が多すぎて受付が終了とのこと、、、、

鳥肌が立ちました。ファミリーレストランで受付終了とは、、、

 

一体どんなものなのか、さわやかハンバーグ。他の店舗も同じく受付終了。

 

なので今回3日目では、16:00に行きました。

お昼ご飯、晩ご飯の時間を避けて行ったのにも関わらず、

 

1時間待ち、、、、アトラクションか!!!!

車内で待ちました、お店の中にはたくさんの人が。。。

 

そしてやっと注文し、お目当てのハンバーグ。

動画も撮りましたが、テーブルにてスタッフさんが最後の焼き仕上げをしてくれます。

 

【写真1】

 

こちらが完成写真です。見るからに美味しそう。。

 

ここからソース(和風おろし、デミグラスソース)選んでかけて頂きました。

 

【写真2】

 

味の感想は、言葉では言い表せません。

とにかく口に手を当て、目が輝くような反応です。

 

ハンバーグは、ひき肉と焼肉の間のような感覚です。

 

説明出来ませんので是非是非食べに行ってみて下さい。

※某芸能人の方のインスタグラムにもUPされています。

 

私も この夏に行ったばかりなのに、10月上旬にさわやか求め、静岡へ再び行きました。

 

結論、静岡県は最高に良いところでした!!!

 

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

 

 

2019.01.09

初詣

皆様、新年あけましておめでとうございます!工事部の赤木です。

 

皆様は初詣に行かれましたか?

 

おみくじは引きましたでしょうか?

 

 

私は今年の初詣は天満宮に行きました。

 

まずは屋台巡りです。今年もたくさんの人と屋台で活気づいていました!

屋台巡りではスーパーボールをしました。私は60個ほどでしたが、彼女は190個取れました!

 

S__16154642

 

 

ぷよぷよのでかいやつを貰いました!笑

 

 S__16154643

 

続いて参拝の後はおみくじ!去年は大吉だったので今年も大吉引けるかな!と思いながら引いたら結果は。。。

 

末吉でした(>_<)

 

来年こそはまた大吉を引きたいです!笑

 

さて2019年になり、今年はまた様々な変化の年でもあります。

中でも、4月1日の年号発表!どんな年号に変わるのか楽しみです!

 

干支は猪という事で 【猪突猛進】 

ことわざにちなんで、どんな事にも挑戦する1年にしたいと思います!

まだまだ半人前な私ですが、今年も1年よろしくお願いします!

 

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

 

 

 

2019.01.01

2019年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

 

今年のテーマは【有言実行】

社内で掲げた日々の目標をもとに、スピーディーな対応を心掛け、

プロ意識を持って、お客様に多くの信頼を頂けるよう精進して参ります。

常に新しいことに挑戦し、時代の流れを察知し、最先端で「良いものを安く」を

お客様に提供できるよう努めて参ります。

 

そのためには、おごらず初心で日々全力を尽くすということを常に心掛けて参ります。

本年も数多くのお客様と関わることが出来るように日々発信して参ります。

 

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2019年 元旦

株式会社スズホーム 代表取締役 鈴木聡也

                社員一同

2018.12.26

断熱性能の違い

 

こんにちは!設計部の出口です。

 

2018年ももうすぐ終わりですね…。 1年がとても早く感じます…。

 

今回のテーマは、住宅性能について少しお話したいと思います。

 

住宅にとって重要なことは、室内を適温に保っていくことだと思います。

 

断熱材料によって、室内の温度の差を少なくすることが出来ます。

 

昔の仕様の住宅・現代の仕様の住宅・これからの仕様の住宅の断熱性能を比較してみましょう!

 

IMG_8268

 

サーモカメラでの撮影で、どれだけ室温の差があるのか一目瞭然ですね!

 

廊下やトイレなどで、寒くて体が震える方もいたのではないでしょうか。

 

新しくなるにつれて、断熱性能も上がり、光熱費も安くなっており、お得になります!

 

お家の中で室温差があると、体に負担をかけてしまい危険な状態に陥ることが多いそうです。

 

IMG_8260 

 

事前に対策をすることはとても重要ですね…。

 

ちなみに私の家はとても寒いです。。

 

2019年も頑張っていきたいと思います!

 

皆様、よいお年をお迎え下さい!

 

—————————————————————–
お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!
—————————————————————–

 

 

 

 

 

pagetop