スズホーム

0120-887-904

BLOG

2017.09.13

造作家具のご紹介

こんにちは!奈良担当の川村です!

 

日中はまだ暑いですが、朝晩は秋らしくなってきた今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回のブログでは、

サイズやデザインを自由にオーダーできる“造作家具”をご紹介します!

 

LD1

こちらは、リビング収納(壁に固定)です。

棚板は高さを変えられる可動棚。TV上部にはガラス扉。

TV下部にはAV機器を収納するスペースとして曇りガラス扉。

見せる収納として、中に入れる物の色や形をこだわりながら収納するのも楽しいですね!

 

LD2

こちらも同じくリビング収納ですがTV背面に間接照明を入れています。

壁にはエコカラットを横貼りにしてアクセントを付けています。

鏡面(艶あり)白を基調としているため間接照明の光が美しく反射しています。

写真左手前のコーナー壁付家具も、飾り棚として空間に色を添えられますね。

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

また、リビングソファの背面にソファサイズに合わせて移動可能な造作家具も作ることができます。

ソファで寛いでいるときにちょっとした小物を置いたり、読みかけの本などを置いたり。

なにかと便利に使えそうです。

 

主寝室

こちらは、主寝室のベッドを造作家具で作った一例です。

マットレス下部に間接照明を仕込み、ホテルっぽい雰囲気を出していますが

実際には照明は入れずに収納スペースにする事も可能です!

 

書斎

こちらは、書斎のデスクカウンターです。

コルクボードが貼ってあるため、メモなどをピンで留められます。

カウンター奥行きも自由に設定可能ですからコンパクトな書斎スペースであっても

50cmくらいにしてその分幅を広く取ったりなど、

空間や住まう方に合わせて自由な発想で作っていけることが造作家具の一番大きな魅力ですね。

 

 

高いのでは?このイメージが付きまとう造作家具ですが

コストダウンの方法はいくらでもありますし、

壁固定だから転倒しない、壁との隙間がないため埃がたまらない等メリットも多いです!

 

造作家具の良さが皆様に少しでも伝わりましたら嬉しいです!

 

 

————————————————————————————————-

 

プランのご相談はお気軽にどうぞ!

お電話でお問い合わせ 0120-887-904 (ハッピーな・暮らし)
メールでお問い合わせ info@suzuhome.jp  まで!!

pagetop